結婚式について学ぼう

当サイトはホテルでの挙式にはどのようなメリットがあるのかを紹介しています。
例えば遠方から来る方にとっては宿泊ができる利点があります。
またリゾート地で結婚式をするときには、そのまま新婚旅行ができるなどの強みがあるでしょう。
旅館ではどのような披露宴を行うことができるのかなども紹介しているので、これから結婚式をしたいときに見ておくと便利です。
結婚式の会場に迷っている人にとって重宝する情報を紹介しましょう。

「ホテルでの挙式」のメリット

「ホテルでの挙式」のメリット ホテルで行う挙式には来客がホテルに宿泊できるメリットがあります。
いちいち宿泊先を紹介する必要がないので、遠方の出席者が多い場合に役立ちます。
またリゾート地で結婚式をするときには、そのまま新婚旅行をすることができるのがメリットです。
余計な手続きをする必要がなく、リゾート婚を提供しているサービスがすべての対応してくれます。
旅館での挙式は小規模な結婚式をするときに役立ちます。
旅館なのでそのまま宿泊をすることができるのも強みです。
新婚旅行にも活用できるので非常に便利です。
例えば旅館とその周辺の施設を楽しめます。
家族などと一緒に、挙式と旅行を含めて楽しみたいときにはホテルや旅館などを利用して結婚式をしてみましょう。

ホテルでの挙式にはどのようなデメリットがあるのか?

ホテルでの挙式にはどのようなデメリットがあるのか? ホテルで挙式することにはデメリットもあるので注意しましょう。
たとえば費用がかかりやすいこともその一つで、格式があるところほど価格設定が高くなっています。
豪華な挙式を希望する人はしっかり見積もりをとらないと、新生活にまわす資金が不足するかもしれません。
だからといって安いプランを選んでしまうと、式場だけ豪華で演出が貧相になるなどアンバランスな結婚式なりやすいです。
また、日程を押えにくいこともデメリットといえます。
挙式が多くなる時期は早い段階で予約が埋まってしまうので、何カ月も待たないといけないケースが珍しくありません。
長引きすぎて、人生設計に支障が生じるような事態も見受けられます。
それを避けるために、梅雨や真冬などの厳しい時期に行わざるを得ないこともあるでしょう。
さらに、他の挙式が平行して行われやすいこともデメリットです。
式場となる広間が一つではないホテルの場合、他の結婚式の関係者とすれ違うことがよくあります。
そのため、ゲストの間で混乱が生じることもありますし、挙式する2人も自分たちが主役という特別感が薄くなりやすいです。
花嫁姿を比較されることなど、いらぬ心配をしてしまうケースもあるでしょう。

コロナ禍では少人数での挙式がおすすめです

新型コロナウイルスの流行によって結婚式を延期したり断念したりするという新婚夫婦がとても多くなっています。
結婚式は一生に一度のことですので、盛大に行いたいという希望を持っている人も多いのですが、県を跨いだ移動が職場で禁止されていたり、大人数での会食を禁止されているという人もかなり増えているので、結婚式を挙げたいと考えていても仕事の関係上断念せざるを得ないという人もいるのです。
しかし家族のみなどの少人数で行う挙式であれば、大きな会場よりも感染対策をしっかりとすることができますので、万が一何かあっても感染源を特定しやすいというメリットもあるため人気となっています。
特に家族だけで行う挙式は短時間で済ませるということもできますし、披露宴のようなコース料理でなくても軽くお茶程度の時間にとどめておくということも可能となっているため、仕事の関係上大々的に結婚式を挙げることができないという場合でも食事がないという点では実施しやすくなっているのです。

コロナの流行と挙式の関係性~マイナス思考をプラスに~

コロナと挙式には関係があると思いますか。
大多数は挙式ができなくなったり、規模が縮小されたり、様々なところ人を呼ぶことができなくなったりしたと答えるでしょう。
ぜひこんな時だから前向きに考えましょう。
コロナによってバリュエーションが増えたと感じませんか。
またバリュエーションが増えて選択肢も増えたことによって良くなったと考える人もいるようです。
例えば、挙式がリモートになって気軽に参加できたり、わざわざ会場まで行くのにお金がたくさんかかるのでお金を抑えられたり、他者と関わったり多くの人がいたりするのが苦手の人にとっても良くなりました。
他にも流行が収まってきたことの結果として対面でやる場合に経営が苦しくなった方や企業たちの助けにもなりました。
予想外の病気が流行って大変になったりすることがあるかもしれませんがそのことをプラスに考えていきましょう。
これから挙式を行う人も頑張って、このつらい時期を乗り越えていこう。

挙式と自治体~少しばかり金銭などのテクニック~

皆さん結婚するとなったら挙式は挙げますか。挙式を挙げるとなると、多額の費用が掛かります。
コロナになって挙式を挙げなくなって費用も低くなっていますが、それが原因で挙式を挙げないという人もいるでしょう。
地方自治体によっては金銭面などでのサポートをして結婚式を勧めているところもあります。
今はその支援も様々な形があります。結婚の件数が少なくなっていたり、少子高齢化がますます進んでいたりする市町村は多くなっています。
事前に調査することも必要になって大変だとは思われますが少しでも魅力のあるところで、そのようなサポートを使ってみてはどうでしょうか。
また式を挙げても夫婦になれるわけにはなりません。
地方自治体に指定の書類を提出しないといけません。
このように式と地方公共団体は切っても切ることのできない関係になっています。
ぜひ絶対に関わらないといけないものなので有効活用しましょう。
いつでも相談に行ってみてください。

観光施設で挙式を上げることは可能なのかを解説

挙式は一生に残る思い出なので好きな場所で挙げたいというのが、多くの方に共通した思いとして存在します。
実際にどこを式場にするかについては主催者の裁量に任せられるケースも珍しくありません。
しかしながら、観光施設を会場にするとなるとやや大きなハードルが立ちふさがります。
例えば、金閣寺で挙式を挙げたいとすると金閣寺を貸し切らなければなりません。
ところが金閣寺は世界遺産を構成しているお寺であり、世界遺産を貸し切ることは他の観光客に大きな迷惑をかけることになるため実質的には不可能です。
このように観光施設の中でも特に文化財は挙式に使うことが困難といえるでしょう。
では民間施設はどうでしょうか。京都タワーは挙式に使うことが出来るのかといえば、こちらは不可能ではありません。
タワーを運営している会社との契約を結ぶことで貸し切れる可能性があります。
とはいえ、莫大な予算が必要であるため、現実的には厳しいともいえるでしょう。

挙式をプロデューサーに依頼するメリットとは

結婚式や披露宴などは一種のショーでもあるため、計画や演出などが重要となります。
そこでプロデューサーなどのプロに依頼することも出来ます。
挙式をプロデュースするのはテレビ局などでの勤務経験を持つ方が多く、一般とは全く異なる発想で式を演出してもらうことになります。
やはり盛り上がりやすく、挙式を成功させられる可能性が高まる点がメリットです。
デメリットはコストが膨らむことであり、ただでさえ費用のかかる式のコストが1.5倍ほどになります。
チャペルとプロデューサーの間を取り持つことも必要です。
そういった問題を最小限にしたい場合には、チャペルからプロデュースする人物を紹介してもらうという方法もあります。
この方法であれば仲介の時間や手間はかかりません。
挙式はあくまで家族や個人といった規模のものではありますが、会社の重要人物の挙式であれば他社の目もあるので、プロのプロデュース能力に任せてしまうのも選択肢の1つとなっています。

挙式について詳しく知りたい

神戸 挙式

新着情報

◎2022/12/20

情報を追加しました。

> コロナ禍では少人数での挙式がおすすめです
> コロナの流行と挙式の関係性~マイナス思考をプラスに~
> 挙式と自治体~少しばかり金銭などのテクニック~
> 観光施設で挙式を上げることは可能なのかを解説
> 挙式をプロデューサーに依頼するメリットとは

◎2021/3/31

挙式で指輪をはめる瞬間
の情報を更新しました。

◎2020/11/30

費用の内訳を把握
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

旅館でも小規模挙式ができる
の情報を更新しました。

◎2020/5/31

リゾート婚でそのまま新婚旅行
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「挙式 メリット」
に関連するツイート
Twitter

節約できるせっかくの家族挙式だったのに、メリット生かせてなくてくそわろた。これは完全にわいのせい。ほんまあほやったわ。経済観念皆無新婦でほんまごめん。一生に一度と思ってしまってん。紹介ムービーも無くてよかったわ。まじでごめん。